地域と学校との架け橋をめざして学習支援ボランティア活動をおこなっています

きらめきクラブ指導者とは

FrontPage>学習支援ボランティア きらめきクラブ指導者>きらめきクラブ指導者とは

学習支援ボランティア きらめきクラブ指導者とは

  きらめきクラブ指導者とは  授業内には入らないけれど、専門家

きらめきクラブ指導者とは

画像の説明

きらめきクラブ指導者とは・・・

放課後・週末の子どもたちの居場所作り事業「きらめきクラブ」で、専門知識や技術を持つ地域の方が指導者として活躍しています。

クラブは毎週行われるもの、月1回のもの、単発のイベント、大人も参加できるものなど
さまざまです。

また、指導者のお手伝いをして下さる保護者や地域の方も増えています。
「指導まではできないけれど・・・」という方も、お手伝いとして参加することで、自分の趣味・特技を生かしながら子どもたちと触れ合うことができます。


経緯

多くの大人が関わろうという「夢育の学び舎」構想の一環として平成12年にスタートしました。

最初はその方針に賛同して下さる地域の方を探し、学校から依頼する形で新しいクラブ(書道、はんぐる、ソフトバレー、PC、ビリヤード、子どものしらべ、点字、英語など)をスタートいたしました。
そこに従来から活動していたクラブ(04、いずみ、ウイングス、アップル組、吹奏楽)やむらさき子ども広場の児童館系の活動(キッズダンス、手話など)をすべて含む形で『きらめきクラブ』と命名。

その後、いくつかのクラブの入れ替わりはありますが、生け花、アニマシオン、ピンポン、竹工作、アストロ、よさこい、理科教室などが立ち上げられました。
また大人のためのクラブとして、大人のためのしらべサロン、Y-wai(大人吹奏楽)、大人の生け花、大人の書道の各クラブも活動しています。

きらめきクラブ立ち上げ当初は、学校・保護者・地域が一緒に子どもたちの成長を見守るという趣旨の下、先生方もいずれかのクラブを担当する形になっていましたが、行政による放課後、週末の居場所作り(地域子どもクラブ事業)の開始とともに、きらめきクラブは夢育の事業として独立しました。

きらめきクラブの活動の様子は クラブ一覧 をごらんください。

きらめきクラブ指導者になりたい方へ


夢育支援ネットワーク事務局への連絡はこちらから≫お問い合わせ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional