地域と学校との架け橋をめざして学習支援ボランティア活動をおこなっています

CT活動報告 H21年度

FrontPage>学習支援ボランティア CT>CT活動報告>CT活動報 H21年度

CT活動報告 H21年度



画像の上にマウスを乗せると画像が変わります

総合(3年) 「元気なシニアから学ぼう」②

元気なシニア

地域の”元気な”シニアの方をお招きしました。
こどもたちは3人の方からどのような活動しているのかお話を伺い、疑問に思ったことを質問しました。
シニアの方々の社会貢献されている話をきくことにより、周りの人のために活動することの意義について考えるきっかけになったようです。

H22.01.19


外国語活動(1年) 「Let's go shopping」

英語

果物の名前を英語で表現し、ゲームや買い物ごっこを楽しむ授業でした。
英語の発音をする際に恥ずかしがることがないように、CTの発音を聞いたままを元気に発音できるよう心がけ、明るい雰囲気の中授業は進みました。

H22.01.19


社会(6年) 「暮らしと政治を調べてみよう」

社会

武蔵野税務署の方々をお招きし、お話をしていただきました。
税金の使われ方やそのはたらきについて、それが自分たちのくらしとどのように関わっているのかを学びました

H22.01.19


国語(2年) 「本のせかいを楽しもう」

「かさこじぞう」を題材に音読について学びました。
まず、「和みの風」の方に読み聞かせをしていただきました。音読をするときのポイントを教えていただき、こどもたちの音読練習に活かします。こどもたちは、登場人物の気持ちを読み取りながら、声の強弱に気をつけながら練習に取り組みました。

H22.01.19

交流選択授業(5年) 

交流選択授業


囲碁

囲碁




ハングル



アニマシオン

アニマシオン

3校の連雀学園の5年生が、楽しく活動を通して交流を深めました。
学園の先生方はじめCTの方も講師となり12の講座が開かれました。きらめきクラブ指導者の方々がアニマシオン・ハングル・囲碁講座を担当しました。子どもたちは初めての交流でしたが、いつの間にかうちとけ楽しく学ぶことができたようです。

『囲碁入門教室』
日本棋院普及事業部の御尽力で、プロ棋士の穂坂繭三段が来てくださり、入門授業と、交流対局が行われました。穂坂三段は、囲碁好きで有名な、将棋の棋士の先崎学八段の奥様ですが、小学1年生と、3年生のお子さんのママということもあり、小学生の指導には、慣れていらっしゃるご様子でした。また、小学校・中学校時代を、三鷹で過ごされたご経験もおありで、久々の三鷹を喜んでいただきました。
「囲碁は、いつ頃発明されたゲームでしょう。」「現在、世界の何か国くらいで打たれているでしょう」の質問で、子どもたちのハートをつかみ、あっという間の1時間でした。子どもたちにとって、いい出会いと、ふれあいの場になったことを、かかわったものとして、とてもうれしく思います。このふれあいの輪が、いいかたちで広がっていってくれることを、期待したいと思います。

『ハングルで自分の名前を書こう』
日本語のあいうえおをハングルに置き換えて、自分の名前をハングルで書いたり、ハングルで書かれた手紙を読んだりしました。自分の興味に合わせてこの講座を選んでくれた子どもたちだからなのか、自分たちから進んで取り組んでくれたので、1時間なのにとても充実した内容になりました。言葉に集中してのあっという間の楽しい1時間でした。

アニマシオン
1冊の絵本の内容を、その場に集まった子ども達が話し合いながら楽しむこと、味わうことを目的に行いました。題材は、「海のいのち」(話立松和平  絵 伊勢英子    ポプラ社)です。
この話は6年の教科書に載ったこともあり、短い話でありながら深いものがあります。絵は、海の色合いの美しさが見事です。コピーをして、絵と文をばらばらにしたものを準備しました。パウチしてみるとカラーコピーでもとても絵の美しさがひきたちました。
読み聞かせしたあとグループに分かれて、バラバラ分けた本文を話の順番に並べその場面の絵を選びました。順番を考や絵を選ぶときに子ども同士での話し合いが生まれたと思います。絵の美しさ、話の深さには興味を持ってもらえたと思います。
最後の主人公の決断はなぜだろう、話し合ってもらいましたが短い時間では無理があったかもしれません。それより、もう一度みんなで 絵だけを見て、内容を思い出して共感する時間をとればよかった、と反省しました

H21.12.21


総合(6年) 「銀杏屋」②農作物を売ることについての話をきこう

銀杏屋

会社って何?ということを学習し、みんなで協力して目標に向かってきた5年生。今回は三鷹の農協の方にきていただき、食べ物を売る、という具体的なお話を聞かせてもらいました。
適切な値段をつけるためには調査(マーケティング)が必要なことや、ほかの店と違う価値をつけるためにどんな工夫をすればよいか、その価値をどんな風にアピールするかなど、いろいろなお話を聞かせていただきました。少し難しいお話もありましたが、これからの販売に向けて、自分たちにできることを考えさせられた1時間でした

H21.12.08


総合(3年) 「元気なシニアから学ぼう」①

元気なシニア

地域の”元気な”シニアの方をお招きしました。
こどもたちは3つのグループに分かれて、現在どんなことをしているのか、どんなところが楽しいのかなどお話を伺ったり、疑問に思ったことをたずねたりしました。

H21.11.18


総合(5年) 「銀杏屋」①

銀杏屋

5年生のアントレ教育「銀杏屋」です。四小の校庭に落ちた、いちょうの実を商品化し、会社(グループ)にわかれて街頭で販売します。
まず、青年会議所の方をお招きして「会社とは何か」について話を伺いました。

H21.11.09


クラブ(4~6年) PC・囲碁

画像の説明

画像の説明

PCクラブ
次回から絵を描きます。
今日は、そのために「ペイントソフト」の操作を練習しました。




囲碁・将棋クラブ
囲碁の「劫」について、学びました。
先生の黒板の解説をみながら、子どもたちはそれぞれ手元にある紙の碁盤を使って打っていきます。
説明が終わると、対局を始めたり他のゲームをしたりと思い思いに過ごしました。

H21.10.29


総合(6年) 「四小カンパニー」②

四小カンパニー

紫草復活プロジェクト」の方々にCTとして来ていただき、紫草の根(紫根)での染め物に挑戦しました。
染料の入ったお湯の温度を一定に保つことに注意をしながら、白い布を中に入れると、きれいな紫色に!独特の匂いに歓声?悲鳴?が上がる中、次々に布が染め上がっていきました。
絞りの入ったもの、とてもいい感じにムラのできたものなど、世界に1枚しかないこの布で、次は皆さんに買っていただく商品を作ります。

H21.10.20


総合(6年) 「四小カンパニー」①

四小カンパニー

今年も6年生のアントレ教育「四小カンパニー」がスタートしました。
まず、自分たちの商品の材料に使う「紫草(むらさき)」について知るため、地元の呉服屋さんで染め物にくわしいCTの方に紫草や紫根染めについて教えていただきました。

H21.07.09


総合(5年) 「写真展から社会をのぞこう」④

写真展



写真展

写真家 川島敏生さんよりお話を伺いました。
まず、「うめめ」と題された、若手写真家、梅佳代さんの写真集(リトルモア刊)を見ました。この写真家の視点についての一言をつけ加えながら、写真を子どもたちといっしょに楽しむ、といった雰囲気でお話はすすみました。
そして、写真をとることについての説明、子どもたちとの質疑応答の時間のあと、ご自身が関わられた写真絵本「月人石-乾千恵の書の絵本」〈福音館書店刊)のお話になりました。
書道家の乾千恵さんの文字、その文字に添えられる川島さんの写真、詩人谷川俊太郎さんの言葉、で構成されている絵本です。本ができあがるまでに、乾さんがいくつもの字を、それぞれ何十枚と書き、それぞれの字に何十枚と写真をとり、そしてそのなかから編集者を加えての四人で、絵本に使う字、写真、ことばを選んでいく、というということです。一つの字のために撮った何枚もの写真を見せていただき、そのなかからどの一枚を選んだか、というお話もありました。ひとつのものが出来上がっていくまで、さまざまな経過、さまざまな人の関わりがあることを、子どもたちが実感を伴って知ることが出来るお話だったのではないかと思います。しかも写真の題材に、子どもたちになじみのある、四小の近くの住宅、井の頭公園、野川などがあり、地域にいらっしゃる専門家ならではのお話でした。

H21.06.16


総合(5年) 「写真展から社会をのぞこう」③

写真展

以前見学した美術展の企画に関わっている職業の方たちに来ていただき、実際の仕事の内容や仕事の大変さなどの話を伺いました。
来てくださった会社は、造作会社・印刷会社・デザイン画会社・学芸員・鑑賞ガイドの方々です。
5年生にとっては、けして簡単ではない話もありましたが、みな真剣に話を聴いていました。普段なかなか触れることのない職業の方との時間はとても意義のあるものでした。

H21.06.10


音楽(6年) 和楽器に親しもう

和楽器

高学年の和楽器体験「箏」
「さくらさくら」を演奏します。
全体で弦の名称、弾き方など基本的なことを教えていただいたあと、個別に指導くださいました。

H21.05.29


クラブ(4~6年) PCクラブ

PCクラブ

H21.05.28


総合(5年) 「写真展から社会をのぞこう」②

写真展

5年生のキャリア教育は、一つの企画展を題材に、そこに関わるいろいろな職業の方の働き方を学びます。
先日美術館を見学した子どもたち。今日は学芸員の方にテーマの決め方、展示する作品の集め方、開催までにかかる日数や関わる職業の種類などを教えていただきました。

H21.05.28


音楽(5年) 和楽器に親しもう

和楽器

高学年の和楽器体験「箏」
「さくらさくら」を演奏します。
全体で弦の名称、弾き方など基本的なことを教えていただいたあと、個別に指導くださいました。

H21.05.26


総合(5年) 「写真展から社会をのぞこう」①

写真展

むらさき祭りIn四小にて写真展をひらくための事前学習として三鷹市美術ギャラリーを見学しました。
できあがった展覧会をみて、裏方の仕事について考えます


H21.05.20


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional