地域と学校との架け橋をめざして学習支援ボランティア活動をおこなっています

SA活動報告 H21年度





SA活動報告 H21年度


★画像の上にマウスを乗せると画像が変わります

3学期




社会(3年) むかしのくらし

むかしのくらし

七輪を使って火を熾し、餅を焼きます。火熾しの補助と安全管理を行いました。事前の打ち合わせでSAが実際に火熾しをやっておいたのがよかったのか、スムーズにすすみました。
マッチを扱う経験のない子どもがほとんどで、マッチ初体験にドキドキの様子でした。もちろん七輪も初めてで、その仕組みになるほど!と感心しきり。火が燃えるためには空気が必要であることがわかってからは、団扇の使い方を工夫する様子も見られ、楽しく行うことができました。
七輪でこんがり焼けたお餅を「カリッとしていておいしい!」「香ばしい!」と好評でした。

H22.03.23


総合(3年) 「元気なシニア」⑤

元気なシニア

元気なシニア

施設までの引率とハンドマッサージの準備、一緒に遊ぶときの補助を行いました。
施設では熱湯がでないようになっていたため、学校でホットタオルとポットをを用意していったのは正解でした。マッサージの準備をスムーズに行うことができました。
子どもたちはマッサージの練習をよくしており、高齢者の方々の顔が徐々になごやかになっていったように思います。その後の一緒に遊ぶ活動でも、よく話かけている様子がみられました。また、高齢者の方がお元気で、上手に子どもたちの相手をしてくださり、楽しい時間を持つ事ができました。

前回懸案のすごろくは、手作りのものが用意されていました。高齢者の方もとても喜んで、ぜひ欲しいとおっしゃってくださり、プレゼントすることとなりました。手作りを高齢者の方が喜んでくださったのをみて班のみなも充実を感じたのではと思いました。

H22.03.16


総合(3年) 「元気なシニア」④

施設訪問時の高齢者の方との遊びの内容を検討しました。
それぞれの班で遊びを企画しており、その遊びの内容や高齢者の方への配慮ができているかどうかをアドバイスしました。
すごろく班では、すごろくを作りたいという子と市販のもので済ませようとする子に別れてしまいました。大きな紙に市販のすごろくの枠を写して、内容はみんなで考えたのはどうかと提案をしてみたのですが。少し歩み寄りをみせた子もいれば、絶対に市販のものをという子もおり、どのような結論になるのか気がかりです。

H22.03.05

総合(3年) 「元気なシニア」③

元気なシニア

高齢者施設を訪問した際に行うハンドマッサージの準備・補助を行いました。
子どもたちにとっては、高齢者と接する機会も少ないので、とても良い企画だと思いました。
マッサージの手順を覚えるので精一杯で、パパッと進めている子どもが多かったようでした。手を動かす時にカウントをとりながらマッサージするのがよいのではないかと感じました。

H22.03.03


総合(6年) 「夢にむかって」②

夢にむかって

グループにわかれてそれぞれの職場(会社・商店・病院・警察署など)を訪問しました。SAは職場への引率を行いました。
約束の時間より15分も早く着いたので、近くの駐車場で段取りを再確認するよう促しました。
子どもたちは笑顔で、真剣に、興味を持ってのぞむことができました

H22.02.19


クラブ(4~6年) 家庭科クラブ

家庭科クラブ

2回にわたって編み物を行います。アクリルたわしを作ります。
編み物は初めての子どもが多いなか、指への糸のかけ方から鎖編み、細編みを指導しました。毛糸のひっぱり具合、かぎ針での引き抜き・・・悪戦苦闘している子どもたちにお手本をみせたり、ひとりひとりに声かけを行いました。

H22.02.18


算数(3年) かけ算

かけ算

2,3位数×2位数のかけ算の授業でした。
筆算の手順については、最初のころはたし算するべきところがかけ算になってしまったり、書く位置が右にずれていたりという間違いがみられましたが、問題を解いていくなかでだんだんできるようになってきました。
席の間を歩いて見てまわって個別に丸つけをし、理解にもれのないよう配慮しました

H22.02.17


図工(1年) 「紙版画」

紙版画

紙版の印刷を行いました。
バレンがわりに「手」で刷り込む作業と印刷後乾燥棚にいれるサポートを行いました。
グループごとの作業だったので、少人数で落ち着いて印刷できたと思います。仕上がりをみるときの顔つきがなんともあどけなく、良い表情をしていて楽しませていただきました。全員の版画が提示される日が楽しみです。

H22.02.17


図工(3年) 紙漉き

紙漉き

色つきの広告の紙を細かくちぎった後、ジューサーで撹拌し紙を漉きます。漉いた紙はアイロンでプレスし乾かして出来上がりです。SAはそれぞれの工程をサポートしました。
子どもたちは最初のざわざわしており、先生の指示がすみずみまで通っているか心配でしたが、だいたい皆、理解して進んでいて感心!作業を終わった人は掃除も片付けも嫌がることなくしてくれて、これにも感心しました

H22.02.16


総合(5年) 「銀杏屋」⑥

銀杏屋

銀杏屋

いよいよ本販売、街頭での販売です。
販売場所までの移動時、および販売時での安全管理を行いました。また、道路にでて歩行者の妨げにならないように気を配りました。
それぞれ責任を持って役割をこなしていました。大きな声で宣伝部の子どもがチラシをまいたり、レジにいる子どもは礼儀正しく接客をしていました。今までに何度も会社ごとに役割分担を徹底し自分たちで話し合ってきたからこその姿だと思います。
完売後テンションがあがり、片づけに集中するまでにちょっと手間どりましたが、皆で行うことができました。
帰り途、嬉しそうな、ほっとしたような様子がほほえましかったです。

H22.02.16


総合(6年) 「夢にむかって」①

夢にむかって

職場を訪問し、地域で働く人に接することにより、働くことの喜びや苦労を学ぶキャリア教育です。
職場訪問を行う前に、SAを相手にインタビューの練習をする模擬訪問を行いました。
質問の内容・仕方・数・広がりについて、また、マナーやあいさつや話し方の様子をインタビュー後に指摘・助言しました。
質問に対し説明をすると、書くことに一生懸命になってしまい”聴く姿勢”を大事にしてほしいと感じました。SAからの逆質問に対しては懸命に答えており、とても好印象でした。
今回指摘した点を本番に活かしてほしいと思います。

H22.02.08


生活(2年) 四小郵便局

四小郵便局

三鷹中央郵便局までのバス移動での安全管理と郵便局内を見学する際の見守りを行いました。
公共のバスに乗り出かけるということで、子どもたちにとっては大変な経験になったことと思います。SAとしても校外にでるためとても気を遣いました。事前学習でずいぶん言われていたのか、バスの乗降、車内の態度も羽目をはずすことなくがんばれていたと思います。
局内でもみな興味深々で質問も多く出ていました。郵便局の方が丁寧に答えてくださり、良い学習の時間となったように思います。

H22.02.02


総合(5年) 「銀杏屋」⑤

銀杏屋

模擬店販売でのアンケートの集計を行い、気づいたことや反省点を話し合いました。
SAは1人1社に付き、先日の模擬販売をみていて気になったこと、価格や役割分担などについて消費者の立場からの助言を行いました。
社長・副社長を中心に話し合いをしているグループ、話がなかなかまとまらず苦戦しているグループなどいろいろありましたが、本販売に向けてグループごとに一体感を高めていってほしいと思いました。

H22.02.03


生活(1年) おもちゃランドをひらこう

おもちゃランド

おもちゃランド

子どもたちが作ったおもちゃやゲームのお店に幼稚園・保育園児を招待し、遊んでもらいます。
SAは、児童が園児に声かけできるよう、うまく遊べるように支援しました。
”入学を楽しみに待っていること、小学校の楽しさを園児に伝えたい。”
一年生は自分たちが考え作ったおもちゃを早く幼稚園・保育園の子どもたちに遊んでもらいたくて、その気持ちが園児たちよりもはしゃいでしまうという行動になっていたように感じました。
が、いざ始まってみるとわかりやすく説明してあげたり、顔をのぞきこんで丁寧に教えている姿をみると、1年でこんなにも成長するのかと感心させられました。

H22.01.28


家庭科(5年) 縫って!使って!楽しい生活

家庭科

エプロンのポケットをつける作業をしました。
冬休みをはさんでの授業だったので、宿題が仕上がっていない子がいたり上糸のかけ方を忘れてしまったりということもありましたが、ぽけっとの糸ししゅう、アップリケ、いろいろな図柄があり楽しかったです

H22.01.26


総合(5年) 「銀杏屋」④

銀杏屋

10社に分かれて銀杏を販売する模擬店を開きます。SA・CT・保護者・6年生がモニターとて参加しました。買ってもいいなと思うお店にシールを貼り、購入ポイントや購入しなかった理由をアンケートに記入してもらいました。
SAは消費者として接客態度・商品の質・販売価格の観点からアドバイスを行いました。
全体的に男の子は楽しそうで、女の子はリーダーシップをとって細やかに気がついていたようです。子どもたちはほかの様子を見ていろいろ感じたことでしょうが、意見を出し合って成功させて欲しいです

H22.01.26


音楽(4年) 音を重ねて楽しもう

音楽

主旋律のリコーダーと副旋律の鍵盤ハーモニカの音の重なりを意識して演奏します。
グループにわかれて、それぞれの音量を工夫し練習しました。SAは先生が示した手順に従って練習がすすむよう、声かけを行いました。

H22.01.19


算数(5年) 百分率とグラフ

百分率

線分図はかけているか、割合の公式にあてはめて逆算できているかを中心にみてまわりました。
高学年になると、SAがつきっきりになることを嫌がる子どももおり気になりました。授業終了後に『感想シート』にその旨を書き、先生と対応の仕方を決めました。

H22.01.19


算数(6年) 比

画像の説明

たて・よこ比の倍率について、写真の引き伸ばしコピーで皆の興味をぐっと引きつけたところがよかったと思いました。
同じ比をみつける問題では、答えはでてもなぜそうなのかを説明することがこどもたちにとっては難しく手がとまってしまっていたので、声かけを行いました。

H22.01.12



2学期


総合(6年) 「四小カンパニー」⑥

総合 四小カンパニー

総合 四小カンパニー

街頭での販売を行いました。学校からお店をセッティングする場所までの引率と販売中の見守りがSAの担当でした。
行きはグループでまとまって歩かずバラバラ、荷物は重く・・・どうなることやらと心配でした。
最初の1こが売れるまでの子どもたちのあせりが傍で見ていてよくわかり、こちらもヒヤヒヤでした。なかなか売れないため商品の展示方法を考えなおし、客集めをする工夫をしていました。とても良いアイデアでした。また、お客さんの質問にもきちんと答えており、事前の下調べが活かされていました。
完売した時は皆本当に嬉しそうで、帰りは全員で荷物を運ぶ姿も見られ、それはほほえましいものでした。
ただ、なかなか売れなかった場面もみられ、何故お客さんに売れなかったのか、買ってもらうためにどうアピールすればいいのか来年度の販売にむけてSAも考えていければと思いました

H21.12.21


図工(2年) 紙版画

紙版画を印刷するサポートを行いました。
同じような絵でもそれぞれ個性があり面白く思いました。また、版画は墨のつけ方、のばし方、力の加減により違いが出て楽しかったです。
子どもたちは、声をかけ手順を確認すると自信を持ってやり始める気がします。言葉のやりとりをすると気持ちが近づいていいことだなと感じました

H21.12.16

総合(6年) 「四小カンパニー」⑤

総合 四小カンパニー

前回の会議で決定した商品制作の補助をしました。ミシンを使って布製品を作ったり、パソコンではがきやシール作りを行いました。
回数を重ねるごとに皆で協力していこうという姿勢がみられるようになりました。
段取りが悪いところや布製品の仕上がりをきれいにする工夫などをアドバイスしました

H21.12.10


図工(4年) 木版画

図工 木版画

彫刻刀を扱う際の安全管理と支援を行いました。
子どもたちの彫刻刀の使い方が私たちの時代のやり方とは違い、背に力が入りすぎているように感じましたが、慣れるまでは背に力が入る姿勢になってしまうとのこと。多少難しくても大切な基本は身をもって覚えてほしいという先生の指導に沿い、支援しました

H21.11.30


総合(6年) 「四小カンパニー」④

試作品のアンケート結果を受けて、今後の活動方針を決める会議を行いました。
会社には商品開発部・宣伝部・経理部が設置されており、まず各部会ごとに話し合いが行われました。商品開発部は与えられた布地から取れる可能の量を考えて商品の種類・サイズをきめるように。経理部はすぐ布だけの原価がだせるよう10×10cmサイズあたりの単価がいくらになるか計算しておくよう。宣伝部はまだ商品がきまっていないので、商品抜きでのポスター構成を考えるように。とアドバイスし、話し合いを進めていきました。
こどもたちは目玉商品=安いという考えしか浮かばず、自分たちが売りたい、工夫した商品が目玉なのではと口をはさんでしまった場面もありました。
制約(指定された布を使うこと、布の量がきまっていることなど)があるなかで、様々な視点から商品の種類と値段を見当をつけ、ひとつの商品を考えていくというのはとても難しいことだと感じました。
最後に各会社の社長より決定事項の発表をおこないました

H21.11.19

算数(3年) かけ算の筆算

算数 かけ算

(②・3位数)×(1位数)の筆算の授業でした。
みんなノートの取り方がきれいで感心しました。先生がノートの悪い例の提示をされたので、指摘される前に自ら気づいて直すことができていたので、とてもよかったと思います。
繰り上がりが不安そうな子も「合っているよ」と声かえすると、自信を持ちどんどんと解いていけました。

H21.11.13


(全学年) よみきかせ

よみきかせ

毎年恒例、読書週間のとりくみ「よみきかせ」です。
朝自習の時間に各クラスにて読み聞かせを行いました。どの本を読むのか、選本もSAに任されています。担当するクラスの学年を考慮しつつ、何を読もうかとあれこれ悩むのも楽しみのひとつです。

H21.10.30


総合(4年) 「井の頭公園PR大作戦」

総合 井の頭公園PR大作戦

井の頭公園の良さを多くの人に知ってもらおう!と子どもたちが自分の興味あるテーマについて事前に調べたものを、実際に見て、聞いて、確かめるために井の頭公園に出かけました。
毎年やっているからか、「去年も見かけました」と声をかけていただき、とても好意的に見守ってもらいながらの活動となりました

H21.10.30


家庭科(5年) 縫って!使って!楽しい生活

家庭科

ミシンを使ってエプロンをつくります。
SAはミシンの上糸・下糸のかけ方が正しくできているか、縫い方はどうかを重点にチェックしました。ひとりひとりの進み具合にも気を配り、声かけをしました

H21.10.30


クラブ(4~6年) 吹奏楽クラブ

吹奏楽クラブ

2学期は運動会、吹奏楽の集い、学芸会、と行事が目白押しの吹奏楽クラブ。授業クラブの人数は少ないけれど、2人の先生と3人のSAの温かくも厳しい目に見守られながら、しっかりと個人練習に取り組んでいます。
吹奏楽クラブの「幕を開ける歌」で始まる学芸会を盛り上げられるよう、頑張ります

H21.10.29


クラブ(4~6年) 家庭科クラブ

家庭科クラブ

クレープをつくりました。
調理器具の準備・後片付けと調理の補助を行いました。



H21.10.29


行事(全学年) 兄弟班オリエンテーリング

行事 オリエンテーリング

1年から6年までのたてわりメンバーで構成された兄弟班でオリエンテーリングを行います。井の頭公園自然文化園の動物とふれあいながら、交友関係を広げお互いを尊重し合う心を育てていくことをねらいとした授業です。
SAは公園までの安全管理、オリエンテーリングのスタンプ台の設置・片付け、チェックポイントでの問題提起を行いました

H21.10.23


社会(3年) まちの人々のしごと

社会 まちの人々のしごと

地域のスーパーマーケット・コンビニ・個人商店を見学しました。
SAは道中での安全管理、お店では他のお客さんに迷惑がかからないように気を配ったり、学校へ定刻にもどるための時間の管理を行いました。
こどもたちは事前準備をしており、それぞれが担当の仕事(インタビュー、写真撮影など)をしていました。また、時間についてもこども同士で気にかけ、遅れることのないよう注意し合っていました。

H21.09.24


算数(3年) あまりのあるわり算

算数 わり算

おはじきを使って「あまり」がでることを確認しながら、授業はすすみました。
おはじきを使うことで、集中するときと逆に気が散るときがあり、どのように声かけをしてよいのか迷う場面もありました。

H21.09.14


1学期


生活(2年) 「とびだせ たんけんたい」

生活 たんけんたい

子どもたちは4~5名ずつのグループに分かれて学区域内をめぐり、気になる場所・気に入っている場所を訪ね、その場を体感してくる授業です。
SAは各グループに1名ずつ付き添い安全管理を行いました

H21.07.03


総合(5年) 「写真展から社会をのぞこう」⑤

総合 写真展

写真展へ向けての撮影会にでかけました。
5年生の写真展にふさわしいテーマを考え、「人」「もの」「自然」の3つのチームに分かれ、それぞれのチームでどのような写真を撮るかの想いを共通にし、その想いを込めて一人一人井の頭公園にて撮影をしました。
SAは少人数のグループごとに付き添い安全管理を行いました。また、「人」を撮る時のマナーについての注意を促しました。
なにをどのように撮るかなど撮影自体には口出しせず、子どもたちの感性に任せ見守りました。

H21.07.01


算数(6年) 単位量あたりの大きさ

算数 単位量あたりの大きさ

速さの求め方を学習しました。
SAは座席のあいだをまわりながら、ノートが取れているかどうかを確認しました。
式はたてられていても意味がわかっている子とわからないまま数字をあてはめた子がいたように感じました。個別に子どもたちの理解度を把握し、サポートするよう心がけました。

H21.06.16


図工(6年) 「大昔の人々のくらし」

図工 大昔の人々のくらし

縄文時代のクラフト制作の授業です。弓矢・土器・埴輪・布・うなり木をつくります。
特に弓矢づくりのなかで”キリで穴をあける”、”糸を張る”、”電熱ペンで描く”についてのサポートおよび安全管理を行いました。


H21.06.11


音楽(5年) 和楽器に親しもう「箏 さくらさくら」

音楽 箏

和楽器の体験授業「箏」での個別支援を行いました。子どもに付いて、弦の位置や弾き方を指導。片付けの補助も行いました。



H21.05.29


クラブ(4~6年) 家庭科クラブ

家庭科クラブ

フェルトの小物をつくりました。
道具・作業の下準備、グループに入っての製作補助を行いました。



H21.05.28


音楽(6年) 和楽器に親しもう「箏 さくらさくら」

音楽 箏

和楽器の体験授業「箏」での個別支援を行いました。子どもに付いて、弦の位置や弾き方を指導。片付けの補助も行いました。



H21.05.26


算数(4年) わり算の筆算

算数 わり算

はじめてのわり算の筆算でした。書き方から指導しました。
商をたて、かけて、引くと順番を一緒においながらサポートしました。


H21.05.26

総合(5年) 「写真展から社会をのぞこう」①

総合 写真展から社会をのぞこう

写真展をひらくための事前学習として、三鷹市美術ギャラリーを見学しました。
ギャラリーまでの引率補助を行いました。



H21.05.20


算数(3年) わり算

算数 わり算

はじめてのわり算です。ものの分け方の違いをおはじきを使って学びました




H21.05.19


社会(3年) わたしのまち

社会 わたしのまち

こどもたちは4~5名ずつのグループにわかれて、学区域を探検します。
SAは各グループに1名ずつついて安全管理と学習活動の支援を行いました


H21.04.21


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional