ホーム6年生以下チーム5年生以下チーム4年生以下チーム3年生以下チームいずみスワローズについて写真
2006年Cチーム

2006年 通算戦績   36 試合  31 勝 5 敗

■ 三鷹市春季大会1回戦
■ 三鷹市夏季大会優勝
■ 三鷹市秋季大会準優勝

36. 【ジュニアリーグ トーナメント 決勝】  vs.井の頭フェニックスC   

2006年12月10日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズC 3 0 3 5 0 4 15
井の頭フェニックスC 4 1 0 3 0 3 11
今期4度目の対戦となるライバルチームとの決勝戦は、前回対戦時と打って変わって点の取り合いになった。一時は逆転を許したものの、3回に再逆転してからはじりじりと点差を拡大し、最終回の相手の反撃を3点に抑えて試合終了!今期最終戦を勝利で飾ると同時に、トーナメント優勝、今期4冠を達成した選手達からこぼれる笑顔と嬉し涙がまぶしかった。

35. 【ジュニアリーグ トーナメント 準決勝】  vs.高二ジャガーズC (杉並区)  

2006年12月10日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5
高二ジャガーズC 0 0 2 0 0 2
いずみスワローズC 7 1 3 0 X 11
市外からの招聘チームとトーナメント準決勝で初顔合わせ。初回の相手の攻撃をしっかりと三者凡退に抑えた後、大量得点を挙げて試合の流れを掴むことができた。失策による失点は残念だったが、最後まで落ち着いたプレイに終始し、トーナメント決勝戦進出を決めた。

34. 【ジュニアリーグ トーナメント 2回戦】  vs.北野バッファローズC   

2006年12月3日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
北野バッファローズC 0 0 0 1 1
いずみスワローズC 2 0 3 6X 11
ジュニアリーグ・トーナメント初戦を無事に大勝で突破し、今年最後の公式試合を一週間後まで延長することができた。昨年は準優勝に終わったこの大会に今年こそ何とか優勝できるよう、そして笑顔で本年を締め括れるように、来週はみんなで頑張るぞ!

33. 連雀リーグ 親睦交流戦  vs.ジュニアドラゴンズC   

2006年12月3日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズC 1 0 1 4 6
ジュニアドラゴンズC 3 2 4 X 9
連雀リーグ優勝の表彰式後の親睦交流戦を3年生以下の選手だけで戦った。敗戦こそ喫してしまったが、良いプレイも幾つかみられたぞ。この試合で勉強したことを忘れずに、今年以上に強いチームを作ることを目指して、来年も頑張って練習していこう!

32. 【ジュニアリーグ】  vs.井の頭フェニックスC   

2006年11月26日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズC 1 0 1 0 2 0 1 5
井の頭フェニックスC 1 0 1 0 0 0 1 3
7回を1時間25分で戦い抜くという非常にひきしまった試合・・・。両チームとも、投手、守備陣が奮闘した。この熱戦をものにして、見事にジュニア・リーグ全勝優勝を果たし今期3つ目のタイトル!を手にした。

31. 練習試合  vs.連雀スパローズC   

2006年11月19日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズC 5 0 7 1 0 13
連雀スパローズC 1 0 1 1 1 4
秋季大会決勝戦と同じ顔合わせが3週間後に実現!相変わらず失策は出たものの、この日は打線が繋がったこと、投手の出来が良かったこともあり、勝利を収めることができた。後半にたくさんの選手達が、市内屈指の好チーム相手の試合に出場できたことも、収穫の一つとなるだろう。

30. 【ジュニアリーグ】  vs.井口ヤングC   

2006年11月12日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3
いずみスワローズC 5 7 19 31
井口ヤングC 1 0 5 6
結果的には大差での勝利となったが、内容的には今ひとつの試合・・・。打線の繋がりや、内野守備の連係で課題がみられた。市の大会は終わったが、まだまだ公式戦は続く。集中力を途切れさせずに、頑張っていこう。

29. 【三鷹市秋季大会 決勝】  vs.連雀スパローズC   

2006年10月29日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズC 1 0 0 5 2 8
連雀スパローズC 3 2 2 0 2X 9
夏・秋連覇を賭けて臨んだ決勝戦だったが、走・攻・守の全てにおいてミスがたくさん出てしまい、結局最後まで試合の流れを掴めなかったのは本当に残念。それでも6点差を追い着き、一時は逆転した粘りは立派だった!出場した選手も、ベンチから応援した選手も、今日の悔しさを忘れず、今後はこれまで以上に一生懸命練習に取り組んで欲しい。

28. 【三鷹市秋季大会 準決勝】  vs.井の頭フェニックスC   

2006年10月22日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
井の頭フェニックスC 0 1 0 1 1 3
いずみスワローズC 5 3 3 0 X 11
夏季大会でも対戦した強豪チームを相手に快勝を収めることができた。打線は相手好投手の速球を確実に弾き返し、守備には大きなミスはなく、走塁では積極的に次の塁を狙いにいけた。次は決勝戦。しっかりと気を引き締めつつも、選手達には本年最後となる市大会の大舞台を思い切り楽しんで欲しい。

27. 【三鷹市秋季大会 2回戦】  vs.ジュニアドラゴンズC   

2006年10月15日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズC 1 2 3 0 2 8
ジュニアドラゴンズC 3 0 2 1 0 6
三鷹市秋季大会の開幕戦ということで相当硬くなってしまったのか、攻守に精彩を欠いてしまった。下位打線の活躍で何とか勝利はものにしたが、課題をしっかり修正して準決勝にはより良い内容の試合をして欲しい。

26. 練習試合  vs.緑ヶ丘ジャイアンツC (調布市)  

2006年10月1日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズC 0 1 2 9 12
緑ヶ丘ジャイアンツC 0 0 0 1 1
速球投手と強肩捕手を擁する市外の強豪との練習試合だったが、いずみの打線が好調で大量得点を収めることができた。また、先発投手の好調振りも大いに光った。ただ、雨で試合を途中で打ち切らざるを得なかったのは残念。是非近いうちに再試合をお願いしたいものだ。

25. 【ジュニアリーグ】  vs.深大寺ライナーズC   

2006年9月23日(土)  (二小G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
深大寺ライナーズC 3 0 1 0 1 3 8
いずみスワローズC 4 0 2 2 0 1X 9
3年生を中心にしたメンバーで臨んだこの試合だったが、2年生も1年生も頑張った。打撃も守備もいつもよりはパッとしなかったように見える選手もいたけど、緊張のせいかな?4年生のレベルに早く追いつけるよう、みんな頑張ろう!

24. 【三鷹市駅前住協少年野球大会】  vs.ジュニアドラゴンズC   

2006年9月23日(土)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズC 6 2 0 6 14
ジュニアドラゴンズC 4 2 0 0 6
主軸打者があまり打てなかったが、他の選手が繋いで大量得点を挙げることに成功した。練習通りに出来たプレイもあり、なかなか出来なかったプレイもあり…。地道に練習して、秋季大会に備えよう!

23. 練習試合  vs.境南ブレーブスC (武蔵野市)  

2006年9月17日(日)  (三中G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズC 3 1 5 0 0 9
境南ブレーブスC 3 0 2 13 X 18
市外の強豪との試合は主力打者の本塁打の打合いからスタート。その後、いずみは相手好投手から満塁本塁打等により着々と加点、一時は試合の流れを掴んだかにみえたが、メンバー交代を機に、終盤に守備の乱れ等から大量失点し敗北を喫してしまった。やはり好チームとの対戦では、一度掴んだ試合の流れを離さないことが重要。まだまだ改善の余地がある…。

22. 【連雀リーグ】  vs.三鷹タイガースC   

2006年9月3日(日)  (四小G)
チーム名 1 2 3 4
三鷹タイガースC 0 5 0 4 9
いずみスワローズC 19 2 0 X 21
初回に猛攻撃で大量得点、そのまま逃げ切って連雀リーグ三部で全勝優勝を決めた。でも、まだまだスキルアップできる余地はたくさん残っている。約1ヶ月後に迫った三鷹市秋季大会に向けて、しっかりと練習していこう。

21. 練習試合  vs.成城ヤンガースB (世田谷区)  

2006年8月25日(金)  (成城ヤンガース 宿舎専用G)
チーム名 1 2 3
いずみスワローズC 0 2 4 6
成城ヤンガースB 2 1 2 5
移動と午前中の練習で疲れてしまっていたのか、兎に角、集中力に欠き、走・攻・守に亘って全く普段やっていることの成果が出せない試合となってしまった。良かった点を挙げれば、投手の粘り強い投球と、何とか勝利を収めたことくらいか。三鷹市大会連覇を目指して、今後、個々の選手達には一層の奮起を期待したい。

20. 練習試合  vs.小金井緑小ユニオンズC (小金井市)  

2006年8月6日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズC 1 4 0 4 6 15
小金井緑小ユニオンズC 2 0 0 2 1 5
再度、市外の強豪チームを迎えて臨んだ練習試合だったが、出場した選手達がきちんと自分の仕事をこなして、見事に勝利を収めることができた。特に、要所で踏ん張った投手の出来は二重マル!もっとも、打撃・守備・走塁のいずれにおいても、雑なプレイが幾つか見られたので、今後の練習でしっかりと修正していこう。

19. 【連雀リーグ】  vs.蜂の子ブレーブスC   

2006年7月30日(日)  (六小G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズC 0 1 3 6 4 14
蜂の子ブレーブスC 0 1 0 0 1 2
先発メンバーを前戦からガラリと替えて臨んだ試合だったが、総勢23名にのぼった出場選手全員の力で勝利!攻撃・守備・走塁のいずれの面でもなかなか良いプレイがみられた。これで連雀リーグは3連勝。リーグ優勝を目指して次の試合も頑張ろう!

18. 練習試合  vs.関町タイガースC (練馬区)  

2006年7月23日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズC 0 0 0 0 0
関町タイガースC 2 22 12 X 36
新シーズンに向けて、市外の強豪チームに新バッティング・オーダーで臨んでみたが、これが全く奏功せずに打線は沈黙…。おまけに守備は普段出来ることが全く出来ない…。ベンチからの指示無しでは、自分達で流れを修正できず、結果として大量点を失ってしまった。まだまだお祝い気分も残っているのかもしれないが、それはきっぱりと忘れて、一人一人のプレイの質を上げることに努めよう。自分達自身で試合の流れを作れる力を身に付けることが今後の大きな課題だ。

17. 【三鷹市夏季大会 決勝】  vs.野崎シャークスC   

2006年7月16日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズC 7 3 0 4 14
野崎シャークスC 2 0 2 0 4
春季大会で敗北を喫している相手との決勝戦に臨んだいずみの選手達だったが、初回に力強いバッティングによって大量点を奪い、要所を締めた守備でそのリードを守りきり、念願の三鷹市大会優勝をついに果たした!この感動と共に、これまでみんなで頑張ってきた道のりを決して忘れず、秋季大会に向けてさらに頑張っていこう!

16. 【ジュニアリーグ】  vs.蜂の子ブレーブスC   

2006年7月9日(日)  (四小G)
チーム名 1 2 3
蜂の子ブレーブスC 1 0 0 1
いずみスワローズC 13 5 X 18
新しい顔ぶれもみられる先発メンバーで臨んだ試合だったが、何人もの選手が初安打を放つなど打線が繋がってたくさんの得点を挙げることができた。上手くいかなかった選手は、この試合での経験を糧として、今後の練習でこれまで以上に頑 張ろう!

15. 【三鷹市夏季大会 準決勝】  vs.井の頭フェニックスC   

2006年7月9日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5
井の頭フェニックスC 4 0 0 0 0 4
いずみスワローズC 0 1 0 3 1X 5
さすがに春の優勝チーム、初回の攻撃で四球・安打等で一気に4点を奪われてしまったが、いずみの選手達は気持ちを切らすことなく、その後の守備で日頃の練習の成果を随所にみせてくれた。そして、下位打線の活躍によって4回に追いつき、5回にはついに勝ち越しに成功、勝利を収めることができた!選手達には、決勝戦でも引き続き伸び伸びとプレイして欲しい。

14. 【三鷹市夏季大会 2回戦】  vs.新川本町スターズC   

2006年7月2日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3
いずみスワローズC 13 2 5 20
新川本町スターズC 3 5 2 10
守備がピリッとしないながらも、初回の大量点を守りきって勝利を収め、準決勝進出を決めた!調子を上げてきた選手はそのペースで、上手くいかなかった選手達は奮起して、次の試合に全力を尽くして欲しい。

13. 【三鷹市夏季大会 1回戦】  vs.高山ファイターズC   

2006年6月25日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4
高山ファイターズC 2 3 1 3 9
いずみスワローズC 0 0 2 8X 10
普段の野球が全くできずに、4回表まで7点のビハインド。でも最後まであきらめない気持ちを強く持てたため、逆転サヨナラ勝利を収めることができた。ベンチにいる選手やお父さん・お母さんからの声援も心強かったぞ。

12. 【ジュニアリーグ】  vs.三鷹ジャガーズC   

2006年5月14日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5
三鷹ジャガーズC 2 0 4 0 5 11
いずみスワローズC 4 5 4 2 X 15
2年生、3年生が大勢出場した試合だったが見事に勝利!初登板を果たした3年生投手はよく頑張った。ベンチで声援を送った選手達も精一杯戦った試合だった。

11. 【ジュニアリーグ】  vs.高山ファイターズC   

2006年5月14日(日)  (高山小G)
チーム名 1 2 3 4
高山ファイターズC 0 1 0 1 2
いずみスワローズC 8 3 2 X 13
安打の数は少なかったが、ダブルプレイを奪うなど守備はまあまあの出来だった。いくつか見受けられた細かいミスは、練習でしっかりと修正しよう。

10. 【連雀リーグ】  vs.連雀スパローズC   

2006年5月7日(日)  (四小G)
チーム名 1 2 3 4
連雀スパローズC 2 2 1 0 5
いずみスワローズC 5 1 1 9X 16
前半は自軍の守備が乱れピリッとしない接戦となったが、最終回に打線が爆発して勝利することができた。修正すべき点をきちんと確認して、さらに頑張っていこう。

9. 【ジュニアリーグ】  vs.北野バッファローズC   

2006年5月3日(水・祝)  (北野小G)
チーム名 1 2 3
北野バッファローズC 1 0 5 6
いずみスワローズC 20 2 6 28
大量得点の後も、集中力を切らすことなく戦うことができた。2回から登場したフレッシュメンバー達も闘争心を持って参加してくれたし、継投した3年生投手達も頑張ったぞ。

8. 【連雀リーグ】  vs.ジュニアドラゴンズC   

2006年4月29日(土)  (四小G)
チーム名 1 2 3 4
ジュニアドラゴンズC 0 1 0 3 4
いずみスワローズC 5 3 8 6 22
勝利を収めこそしたが、守備や走塁に乱れが出てしまったのが気になるところ。打撃面でももっと積極性が欲しい。まだまだ練習することはたくさんあるぞ。

7. 【ジュニアリーグ】  vs.東台メッツC   

2006年4月23日(日)  (四小G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズC 2 7 0 1 4 14
東台メッツC 1 0 0 5 0 6
総勢24名の選手が出場、全員が勝利に貢献したぞ。初登板、初本塁打、初安打といった記録も次々に飛び出し、選手達には思い出深い試合になっただろう。

6. 【ジュニアリーグ】  vs.新川本町スターズC   

2006年4月16日(日)  (三中G)
チーム名 1 2 3 4 5
新川本町スターズC 0 0 0 0 0 0
いずみスワローズC 1 1 5 1 X 8
打線は奮わなかったが、左・右の両エースが完封リレーを達成、ジュニア・リーグの緒戦を勝利で飾った。前戦に引続き、フレッシュなメンバー達も頑張ったぞ。

5. 練習試合  vs.福生ジュニアトルースB (福生市)  

2006年4月2日(日)  (四小G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズC 1 3 3 1 4 12
福生ジュニアトルースB 0 0 0 2 6 8
三鷹市春季大会後最初の試合だったが、投・攻・守が上手くかみ合い勝利を収めることができた。フレッシュなメンバーを投入した終盤には纏めて失点をしてしまったが、上手くいかなかった点を反省して、今後の練習を頑張っていこう!

4. 【三鷹市春季大会 1回戦】  vs.野崎シャークスC  

2006年3月19日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズC 2 0 0 1 3
野崎シャークスC 4 7 3 X 14
三鷹市春季大会では、これまで積み重ねてきた練習の成果を十分に出すことができず、一回戦で姿を消す結果となってしまった。まだまだパワー、技術、精神力で改善の余地が多い。この悔しさをバネに、次の大会を目指して頑張っていこう!

3. 練習試合  vs.ジュニアドラゴンズC  

2006年3月12日(日)  (四中G)
チーム名 1 2 3 4 5
ジュニアドラゴンズC 0 2 1 2 0 5
いずみスワローズC 3 1 3 0 X 7
ヒットはあまり打たれなかったが、守備の乱れで5失点…。好調な打線のおかげで何とか勝利することはできたが、それ以外の点では反省材料が多い試合となった。

2. 練習試合  vs.ジュニアドラゴンズC (狛江市)  

2006年3月5日(日)  (狛江一小G)
チーム名 1 2 3
いずみスワローズC 3 6 12 21
狛江ホームライオンズC 3 0 1 4
コツコツと繋ぐ攻撃ができたことが大量得点に繋がった。守備ではバッテリーの機転によるアウトが幾つか取れた点が大きな収穫!

1. 練習試合  vs.高山ファイターズC   

2006年2月19日(日)  (三中G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズC 5 4 4 1 14
高山ファイターズC 2 4 1 3 10
激しい点の取り合いになった試合だったが、何とか逃げ切ることができた。ホームランや二塁打が出るなど攻撃はまずまずの出来。失策による失点が目立ったので、さらに守備をしっかりと練習していこう。