ホーム6年生以下チーム5年生以下チーム4年生以下チーム3年生以下チームいずみスワローズについて写真
2007年Bチーム

2007年 通算戦績   46 試合  32 勝 13 敗 1 分

■ 三鷹市春季大会3位
■ 三鷹市夏季大会準優勝
■ 三鷹市秋季大会準優勝

46. 【三鷹リトルシニア杯 決勝T 1回戦】  vs.井口ヤングA  

2007年12月16日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズB 7 2 1 0 0 0 10
井口ヤングA 2 4 1 3 0 1X 11
先週に引き続き、三鷹リトル・シニア杯に参加。前半に大量得点を挙げたこともあり、中盤以降、先発メンバーから大幅変更して逃げ切りを図ったが果たせず。

45. 【三鷹リトルシニア杯 予選T 2回戦】  vs.深大寺ライナーズA  

2007年12月9日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
深大寺ライナーズA 1 0 0 1 1 3
いずみスワローズB 0 0 2 2 3X 7
決勝トーナメントの対戦カードを決定するための試合を同日午後に戦う。上級生チームの振りの鋭さや投球のスピードに気圧されつつも、再三のピンチを最小失点で凌ぎながら、中盤以降の敵失と集中打により勝利を掴むことができた。

44. 【三鷹リトルシニア杯 予選T 1回戦】  vs.蜂の子ブレーブスA  

2007年12月9日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 1 3 1 3 6 14
蜂の子ブレーブスA 0 0 0 0 0 0
三鷹リトル・シニア杯にお招き頂き、各チームの上級生達と対戦。初戦となるこの試合では、投手が安定した投球をみせる一方、後半に打線が爆発して大勝を収めた。この勝利により決勝トーナメント進出が決定。

43. 【ゼファーカップ】  vs.調布メンパースB (調布市)  

2007年12月2日(日)  (調布多摩川G)
チーム名 1 2 3 4
調布メンパースB 0 1 0 1 2
いずみスワローズB 0 1 5 7 13
先週勝ち残ったカップ戦の決勝戦。走・攻・守の全てに亘る細かいポイントでお粗末な点がみられたものの、3回以降打線が繋がり、最後はコールド勝ちでカップ戦優勝を決めた。今回の試合で得た様々な課題も含めて、これからの冬季練習を頑張っていこう!

42. 【ゼファーカップ】  vs.緑ヶ丘ジャイアンツB (調布市)  

2007年11月23日(金・祝)  (調布多摩川G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズB 3 1 4 3 11
緑ヶ丘ジャイアンツB 0 1 3 2 6
要所でタイムリーヒットが飛び出すなど、引続き打線が好調。先手を取り続けて、市内友好チーム主催のカップ戦初戦を逃げ切った。守備の乱れがいくつか出てしまったのは惜しまれるが、試合経験が少ない選手達には良い勉強になっただろう。

41. 練習試合  vs.境南ブレーブスB (武蔵野市)  

2007年11月18日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズB 4 6 0 4 1 3 0 18
境南ブレーブスB 0 0 0 0 4 0 1 5
市外の友好チームとの練習試合。大技・小技を交えて2イニングで10点を奪い、その後もリードを維持して逃げ切った。7イニングの攻防となったこの試合では、初登板の選手を含む3人が登板し、打撃・守備ではチーム全員出場を果たすことができたのも大きな収穫だった。

40. 練習試合  vs.井の頭フェニックスB  

2007年11月18日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズB 0 0 4 0 1 4 9
井の頭フェニックスB 1 0 2 0 0 1 4
Cチーム時代のライバルチームと約11ヶ月振りに練習試合で対戦。先制点こそ許したものの、4回に逆転し、その後もリードを保って逃げ切りに成功。走者を溜めてからの主軸打者による適時打が効果的だった。

39. 【連雀リーグ】  vs.連雀スパローズB2  

2007年11月17日(土)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4
連雀スパローズB2 0 0 2 0 2
いずみスワローズB 9 0 1 11X 21
2チーム編成でリーグ参戦している連雀スパローズと2週に亘って対戦。先週に引続き好調な打線は4番の3ラン等で21得点を奪い、守っては新しい投手が相手打線の反撃を2点に抑えて、リーグ戦全勝優勝を決めた。

38. 【連雀リーグ】  vs.連雀スパローズB1  

2007年11月11日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4

連雀スパローズB1

2 3 0 0 5
いずみスワローズB 4 7 9 X 20
三鷹市秋季大会決勝を戦ったチームと、1週間後に連雀リーグで再戦。攻撃では、先週とはうってかわって長短合わせて10安打の猛攻をみせ、また守りでは、2番手投手の力投を守備陣が盛り立て、大差での勝利を収めた。

37. 【三鷹市秋季大会 決勝】  vs.連雀スパローズB  

2007年11月4日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズB 0 0 0 1 0 0 0 1
連雀スパローズB 1 0 0 0 0 0 1X 2
秋季大会決勝戦は、両チーム投手の踏ん張りによって、ロースコアゲームに…。最終回に守りきれずに敗戦となったが、敗因はそこに至るまでの攻撃や守備の小さなミスだろう。冬場の練習では、これまで以上に自覚を持って練習に取り組み、もっともっと野球を上手くなって欲しい。

36. 【三鷹市秋季大会 準決勝】  vs.野崎シャークスB  

2007年10月28日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 1 3 1 0 5 10
野崎シャークスB 0 0 0 0 0 0
準決勝を5回コールドでクリアして、いざ決勝へ。投手の出来が良く、守備陣も練習した内容を披露。また、攻撃では、打線の爆発こそないが、繋ぎや走塁が有効に作用して、着々と得点を積み重ねることができた。来週の決勝戦では、「いずみの野球」を思いきり披露して欲しい。

35. 【三鷹市秋季大会 2回戦】  vs.三鷹タイガースB  

2007年10月21日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4
三鷹タイガースB 2 0 0 1 3
いずみスワローズB 1 3 9 X 13
三鷹市秋季大会初戦をまずは無難にクリアし、準決勝進出を決定。内容的にはまだまだ物足りない部分も残っているが、週末に向けて個々の選手が自分の課題をしっかりと考えて、少しでも改善できるよう可能な範囲で取り組んで欲しい。

34. 練習試合  vs.小金井南小レッドイーグルスB (小金井市)  

2007年10月14日(日)  (府中の森公園G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
小金井南小レッドイーグルスB 0 0 0 0 0 1 2 3
いずみスワローズB 1 1 0 0 0 0 2X 4
両チームとも投手が踏ん張り、ロースコア・ゲームとなった。7回表に逆転を許したが、その裏の攻撃も二死無走者まで追い詰められたところから打線が繋がり、最後には主軸打者のサヨナラ安打が飛び出して勝利を収めることができた。

33. 練習試合  vs.井口ヤングB  

2007年10月8日(月・祝)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
井口ヤングB 1 0 0 0 3 0 4
いずみスワローズB 1 9 6 2 9 X 27
ベンチ入り選手全員参加で戦った試合となった。初スタメンの選手が初安打を放ったり、初めて試合に出た選手も打球に立ち向かったりするなど、相手の気迫に負けずに頑張った。下位打線に調子が出てきたのも大きな収穫となった。

32. 練習試合  vs.武蔵台ビッグベアーズB (府中市)  

2007年10月8日(月・祝)  (府中・武蔵台小G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 0 1 0 0 4 5
武蔵台ビッグベアーズB 3 6 4 0 X 13
投手の不振を守備陣が支え切ることができず、相手チーム打線のパワーに屈してしまった試合となった。選手間の声掛けやボール回しについては、もっともっと磨きをかける必要がある。

31. 練習試合  vs.三鷹ゼファーB  

2007年9月23日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5
三鷹ゼファーB 3 0 2 3 0 8
いずみスワローズB 3 1 2 4 X 10
追いつ追われつのシーソーゲームとなったが、打撃が繋がったため、なんとか接戦をモノにすることができた。守備では課題が多かったが、経験の浅い投手が好救援をみせてくれたのは収穫であった。

30. 練習試合  vs.境南ブレーブスA (武蔵野市)  

2007年9月16日(日)  (北野G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 1 1 2 5 5X 14
境南ブレーブスA 0 2 0 0 - 2
上級生チームの胸を借りた一戦だったが、右のエースの快投によって勝利をモノにすることができた(5回表攻撃中に時間切れ)。チャンスでの適時打や積極的な走塁、守備における連係や、これらを支える大きな声など、前日の反省点だった「チームの繋がり」を試合の場で出せたことも大きかった。

29. 練習試合  vs.小金井緑小ユニオンズB (小金井市)  

2007年9月15日(土)  (武蔵野公園G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 0 0 0 1 2 3
小金井緑小ユニオンズB 1 2 0 2 4 9
対外試合初先発の投手や、初登板の2番手投手を、チーム全体で支えることができなかった。いつもと違うリズムになったときに、自軍に流れを強引に引き寄せてくるたくましさが個々の選手にまだまだ足りないか。

28. 練習試合  vs.北野バッファローズB  

2007年9月2日(日)  (北野G)
チーム名 1 2 3
いずみスワローズB 4 8 8X 20
北野バッファローズB 1 0 - 1
大差で勝利を収めることはできたが、攻撃・守備・走塁いずれの面でもまだまだ課題が多い。本当に強いチームになるためには、これらの課題をクリアしていくことが必要になる。

27. 練習試合  vs.ヨコハマナインB (横浜市青葉区)  

2007年8月25日(土)  (山中湖G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 3 0 0 1 8 12
ヨコハマナインB 1 1 3 0 0 5
夏合宿中に、普段なかなか接することの出来ない都外チームとの練習試合に臨んだ。最終回の攻撃で打線が繋がって、逆転勝利を収めることが出来た。打撃のみならず、攻撃的だった守備や走塁も評価できるところ。

26. 練習試合  vs.府ロク野球部B (府中市)  

2007年8月19日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズB 0 0 0 2 4 3 9
府ロク野球部B 0 0 3 1 5 1X 10
低調気味だったチーム状態に喝を入れるべく、強豪チームとの練習試合にチャレンジ。最終的には失策でサヨナラ負けとなってしまったが、追いつ追われつの好ゲームを展開できた点は収穫。この調子で夏の鍛錬を終えて、実りの秋に向かいたい。

25. 【三鷹防犯少年野球大会】  vs.野崎シャークスT  

2007年7月23日(月)  (大沢G)
チーム名 1 2 3
いずみスワローズB 4 4 1 9
野崎シャークスT 6 7 X 13
投手はある程度踏ん張りをみせたものの、守備陣がミスを連発…。これでは勝利などおぼつく訳がないだろう。故障や新ポジションへの挑戦等上手く守れなかった理由はいくつか挙げられるが、要は、ボールに対する選手一人一人の執念や、試合における闘争心が不足しているのでは、と思われた。今後の練習が非常に重要になる…。

24. 練習試合  vs.深大寺ライナーズA  

2007年7月8日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 0 0 2 2 6 10
深大寺ライナーズA 7 0 3 5 X 15
秋に向けた再スタートのための練習試合を市内Aチームと戦ったが、正捕手を欠いたせいかディフェンスが上手く機能せず、夏季大会決勝戦と同様に初回に大量失点。終盤の追い上げも虚しくそのまま敗戦となってしまった。

23. 【三鷹市夏季大会 決勝】  vs.連雀スパローズB  

2007年7月1日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 3 4 0 1 0 8
連雀スパローズB 12 3 1 1 X 17
先制点を取ったまではよかったものの、四球や失策ですっかり相手をペースに乗せてしまい、序盤に大量リードを奪われてしまう。二回以降は互角の攻防をみせたが、結局序盤の得点差を縮めることができないままゲームセット…。夏季大会は残念ながら準優勝に終わった。

22. 【三鷹市夏季大会 準決勝】  vs.野崎シャークスB  

2007年6月24日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
野崎シャークスB 0 1 0 0 0 1
いずみスワローズB 4 1 3 2 X 10
右のエースが無安打の快投をみせ、決勝進出を決めた!一方、打線は大技・小技を交えながらある程度の繋がりはみせることができたものの、破壊力は今ひとつ…。来週の決勝戦では、攻撃・守備・走塁の全てで練習の成果を発揮し、是非とも頂点を目指して欲しい。

21. 【連雀リーグ】  vs.ジュニアドラゴンズB  

2007年6月17日(日)  (四中G)
チーム名 1 2 3 4
ジュニアドラゴンズB 3 0 1 0 4
いずみスワローズB 6 11 5 X 22
打線がそこそこ力を発揮して、連雀リーグ全勝をキープ。但し、初回の守備は要反省。目標にしてきた三鷹市夏季大会をきちんと勝ち抜いていくためには、昨秋から練習してきたことを試合で披露できなければならない。来週の夏季大会準決勝では、もっともっと締まった試合を見せて欲しい。

20. 【三鷹市夏季大会 2回戦】  vs.井口ヤングB  

2007年6月9日(土)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 1 4 4 0 0 9
井口ヤングB 3 1 0 0 0 4
拙攻で初回の好機を活かし切れなかった一方、相手には適時打が飛び出すなど、初回の攻防では見劣りしたものの、2回には主砲の一発等で逆転、3回には安打や敵失等で着実に得点を重ねて点差を拡大し、守っては後半3イニングを零封するなどして、三鷹市夏季大会の初戦を突破することができた。次の準決勝では、さらに良い試合内容を期待したい。

19. 練習試合  vs.関町タイガースB (練馬区)  

2007年6月2日(土)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 2 4 0 1 1 8
関町タイガースB 0 2 0 0 0 2
初回、2回に主軸の適時打等で6点を奪い、終盤にも小技や敵失で細かく追加点を挙げることができた。左右の両エースが被安打1の好投をみせたのも収穫。この調子を維持し、来週末より臨む三鷹市夏季大会でも好成績を残せるよう、頑張りたい。

18. 練習試合  vs.調布メンパースB (調布市)  

2007年5月20日(日)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズB 2 4 0 3 0 2 0 11
調布メンパースB 0 0 3 0 1 8 X 12
“角将”を欠いて臨んだ試合、投手の好投と打線の繋がりで序盤はリードしたものの、守備の乱れと集中力の欠如から、終盤に逆転を許してしまい、最終回の攻撃では粘って逆転の好機を作ったが後続が続かずゲームセット…。連戦とは言え、最後まで集中力を持続しなければ、勝利を掴むことはできない。

17. 【連雀リーグ】  vs.少年マリナーズB  

2007年5月20日(日)  (四中G)
チーム名 1 2 3 4
少年マリナーズB 0 4 0 0 4
いずみスワローズB 0 4 18 4X 26
つまらない失策で先制を許したが、その後は打線が繋がり得点を重ねて、連雀リーグ3連勝を飾った。盗塁刺をたくさん奪ったのも収穫。

16. 【連雀リーグ】  vs.蜂の子ブレーブスB  

2007年5月13日(日)  (南浦小G)
チーム名 1 2 3
いずみスワローズB 10 9 5 24
少年マリナーズB 2 0 3 5
連雀リーグ2戦目に勝利を収めたこの試合、連休中の練習の成果が攻撃面には一部表れたものの、守備がいまひとつピリッとせず、手放しでは喜べない内容であった。

15. 練習試合  vs.武蔵台ビッグベアーズB (府中市)  

2007年5月4日(金・祝)  (府中・武蔵台小G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズB 2 0 4 0 8
武蔵台ビッグベアーズB 3 0 2 4X 9
2連戦第2戦は相手チームグラウンドにお邪魔しての試合となった。初回・3回に点を取り合った後、4回表には引き離したかにみえたが、初戦同様またも失策等から逆転を許してしまった…。これら2試合で学んだ教訓を糧として、これからの練習を頑張っていこう。

14. 練習試合  vs.府ロク野球部B (府中市)  引き分け

2007年5月4日(金・祝)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 1 3 4 0 0 8
府ロク野球部B 2 0 0 3 3 8
市外好チームとの2連戦を企画した初戦は、左のエースが粘り強いピッチングをみせ、また打線が繋いでいけたことから、一時は6点をリードする展開となったが、失策等から最終的には追いつかれてしまった…。まだまだ力不足だ。

13. 【連雀リーグ】  vs.三鷹タイガースB  

2007年4月29日(日)  (七小G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズB 3 0 4 10 17
三鷹タイガースB 0 2 0 0 2
連雀リーグ初戦を勝利で飾ることができたが、試合内容はあまり褒められたものではなかった。投手にはもっとビシッと試合を締めて欲しかったし、打線はエンジンがかかるのが遅すぎる…。GW中の練習を通じて、投打に磨きを掛けよう。

12. 練習試合  vs.狛江ホームライオンズB (狛江市)  

2007年4月22日(日)  (狛江一小G)
チーム名 1 2 3 4
狛江ホームライオンズB 9 0 0 4 13
いずみスワローズB 0 2 3 7 12
普段と全く違うポジションを経験して、どこまでできるかに挑戦したゲームだったが、いつものようにはボールを上手く回せず、序盤に大量失点…。いつ追いつくかと見守った打撃も、チャンスでの凡打や走塁ミス等もあって、思ったようには得点できず、結局1点届かないまま試合終了…。普段の練習における他のポジションへの目配りや、纏まった点数を先制されたときに追いついて行くための打線のつなぎ方等について、この試合をきっかけにこれまで以上に意識を高めて欲しい。

11. 練習試合  vs.関町タイガースB (練馬区)  

2007年4月15日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズB 3 7 4 5 19
関町タイガースB 0 4 1 4 9
攻撃が有効に作用して、毎回得点を重ねることができた。守備面でも、練習しているプレーを幾つか出せた点は収穫。ただ、守備・走塁で幾つかつまらないミスがあったことは要修正。また、スイングの力強さでは相手チームに負けていたように見えたので、今回の練習試合を糧として、各選手に改善方法を考えてみて欲しい。

10. 【三鷹市春季大会 三位決定戦】  vs.高山ファイターズB  

2007年4月8日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズB 9 1 2 0 4 16
高山ファイターズB 3 0 0 0 2 5
初回に大量得点を挙げ、その後を楽に進めなければいけない試合だったが、守備や走塁の脇が甘く、締まらない展開に…。銅メダルを得たことに満足して、こうした試合内容をこのまま続けていては、今後飛躍することは難しい。自分たちの甘さをしっかりと認識しながら練習し、公式戦で自分たちのプレーをしっかりと披露できるたくましさを身に付けよう。

9. 【三鷹市春季大会 準決勝】  vs.連雀スパローズB  

2007年4月1日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
連雀スパローズB 0 0 2 0 1 0 4 7
いずみスワローズB 0 0 0 0 2 0 0 2
初回の相手の攻撃を三者三振で抑えて最高のスタートを切った準決勝!にも拘らず、拙攻続きで先制点をなかなか奪えないなか、逆に要所での内野の守備の乱れで先制点を与えてしまう。5回には相手の失策と適時打で2点を返して追い縋り、逆転への機運を盛上げたが、最終回に適時打と外野の大きな失策が出てしまい4点を追加されてしまう。最終回の反撃も走者を溜めたが後続を断たれて試合終了…。上手くなったが、まだまだ弱い!今日の反省を十分に踏まえて、来週の三位決定戦では頑張って欲しい。

8. 【三鷹市春季大会 2回戦】  vs.深大寺ライナーズB  

2007年3月21日(水・祝)  (大沢G)
チーム名 1 2 3
深大寺ライナーズB 0 0 0 0
いずみスワローズB 9 10 X 19
三鷹市春季大会初戦をコールド勝利で無事通過。攻撃面では本塁打が出て、守備では2投手が無安打完封リレー。次の準決勝では、今日の試合後に選手一人一人が監督から受けた課題をクリアできるよう、頑張って欲しい。

7. 練習試合  vs.小金井南小レッドイーグルスB (小金井市)  

2007年3月11日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
小金井南小レッドイーグルスB 0 0 0 0 1 0 1
いずみスワローズB 0 0 5 0 2 1X 8
市外の強豪チームを迎えての練習試合だったが、投手陣が快投をみせ、打線も二ケタ安打を放ち、勝利を収めた。しかし、走・攻・守全ての面において、練習通りできないプレーも幾つかみられたのは、要修正。来週からスタートする三鷹市春季大会では、これまでの練習の成果を遺憾なく発揮して欲しい。

5.6. 連雀リーグ親善試合  vs.連雀スパローズB   勝 勝

2007年3月4日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
連雀スパローズB2 3 0 2 0 1 6
いずみスワローズB 4 0 0 0 3X 7

チーム名 1 2
いずみスワローズB 8 15 23
連雀スパローズB1 3 9 12
連雀リーグ開会式後の親善試合において、連雀スパローズBの2チームとダブルヘッダーを戦った。新たな投手候補を試したこともあり、大味な展開になった部分もあったが、相変わらず自分達のペースをしっかりと築き上げることが難しかった。どんな時も普段の練習に基づく自分達のプレーができるようになって欲しい。

4. 練習試合  vs.成城ヤンガースA (世田谷区)  

2007年2月25日(日)  (多摩川玉堤G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズB 2 0 0 3 1 0 6
成城ヤンガースA 0 0 2 0 1 - 3
何度も得点機を逃すなど打撃面での課題は引き続き残ったが、チームとしての繋がりにおいて成長の跡をみせたこともあり、市外の強豪上級生チームに勝利を収めることができた(6回表で時間切れ終了)。各選手は、“点”としての技術や力を高めながら、みんなでより太い“線”となれるよう頑張って欲しい。

3. 練習試合  vs.桐朋パイレーツA (調布市)  

2007年2月11日(日)  (関東村G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
桐朋パイレーツA 3 5 5 0 0 0 13
いずみスワローズB 2 3 0 0 0 0 5
市外の6年生強豪チームとの練習試合に臨んだが、前半にミスが集中したこともあり、黒星を喫してしまった。幾つか良いプレーはみられたものの、ミスが出た後にすぐさま流れを切り替えるようなチーム全体の力がまだまだ不足している。練習の際の意識の持ち方からもう一度みんなで検討してみたい。

2. 練習試合  vs.関町タイガースB (練馬区)  

2007年2月4日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
関町タイガースB 2 0 1 4 7
いずみスワローズB 3 5 0 3 11
昨シーズン大敗を喫した相手との練習試合に何とか勝利を収めることができた。走塁や守備でミスをするかと思えば、きれいな連係プレーを決めるなど、プレー毎に出来・不出来の差が激しい試合であった。

1. 練習試合  vs.東台メッツB  

2007年1月28日(日)  (三中G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズB 11 0 7 2 20
東台メッツB 0 0 2 0 2
なにはともあれ新チームとしての初勝利を挙げることができた。攻守とも、初めて体験したプレーやこれまで積んできたプレーに今後さらに磨きをかけ、一段上のチームになってもらいたい。