ホーム6年生以下チーム5年生以下チーム4年生以下チーム3年生以下チームいずみスワローズについて写真
Aチーム

2010年 通算戦績   64 試合  41 勝 20 敗 3分

■ 三鷹市春季大会3位
■ 三鷹市夏季大会3回戦
■ 三鷹市秋季大会3位
■ 関東団地野球春季大会3回戦
■ 関東団地野球夏季大会3回戦
■ 関東団地野球秋季大会3位

64. 【多摩学童秋季大会 準決勝】  vs.少年タイガース (武蔵野市)  

2010年12月11日(土)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
少年タイガース 3 1 0 0 0 1 2 7
いずみスワローズA 0 0 0 1 0 0 0 1

63. 【多摩学童秋季大会 4回戦】  vs.二小ジャガーズ (武蔵野市)  

2010年12月5日(日)  (向台G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 4 1 0 0 1 5 11
二小ジャガーズ 2 1 0 0 2 0 5

62. 【連雀リーグ親善試合】  vs.三鷹タイガースA   

2010年12月5日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 3 0 1 0 0 4
三鷹タイガースA 4 0 1 0 0 5

61. 【関東団地少年野球秋季大会 準決勝】  vs.諏訪インディアンス (多摩市)  

2010年11月14日(日)  (北諏訪小G)
チーム名 1 2 3 4 5
諏訪インディアンス 3 1 0 3 1 8
いずみスワローズA 0 0 2 0 1 3

60. 【多摩学童秋季大会 3回戦】  vs.泉ベアーズ (西東京市)  

2010年11月14日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 0 0 1 0 0 5 6
泉ベアーズ 0 0 0 0 0 1 4 5

59. 【三鷹市秋季大会 三位決定戦】  vs.新川リトルズA   

2010年11月7日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 3 0 0 0 0 2 6 11
新川リトルズA 0 0 2 0 0 0 0 2

58. 【三鷹市秋季大会 準決勝】  vs.三鷹ゼファーA   

2010年11月3日(水・祝)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
三鷹ゼファーA 0 0 0 1 0 8 9
いずみスワローズA 0 0 2 0 0 0 2

57. 【三鷹市秋季大会 3回戦】  vs.野崎シャークスA   

2010年10月31日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 0 0 3 0 0 0 3
野崎シャークスA 0 0 2 0 0 0 2

56. 【関東団地少年野球秋季大会 準々決勝】  vs.深川ライナーズ (江東区)  

2010年10月23日(土)  (滝が原運動場)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 0 0 1 5 4 10
深川ライナーズ 0 2 0 0 0 2

55. 【連雀リーグ】  vs.蜂の子ブレーブスA   

2010年10月17日(日)  (六小G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 4 3 0 4 0 6 17
蜂の子ブレーブスA 0 0 1 0 0 0 1

54. 【三鷹市秋季大会 2回戦】  vs.少年マリナーズA   

2010年10月17日(日)  (大沢G)
チーム名 1 2 3 4 5
少年マリナーズA 1 0 0 0 0 1
いずみスワローズA 4 1 3 0 X 8

53. 【連雀リーグ】  vs.連雀スパローズA   

2010年10月11日(月・祝)  
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
連雀スパローズA 0 0 0 0 1 0 1 2
いずみスワローズA 3 0 0 0 0 3 X 6

52. 練習試合  vs.給田少年野球A (世田谷区)  

2010年9月26日(日)  (世田谷泉高校G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 3 0 1 4 0 0 8
給田少年野球A 0 0 0 0 0 2 0 2
長打で先制すると、小刻みに得点を重ね大量リードを保つ。要所で素晴らしい守備力を発揮し、相手の反撃の芽も摘んだ。夏以降、チーム力が大きく底上げされて来たことを感じさせた一戦だった。

51. 【多摩学童秋季大会2回戦】  vs.田無レッドタイガース (西東京市)  

2010年9月25日(土)  (北原G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
田無レッドタイガース 0 0 0 1 0 0 0 1
いずみスワローズA 0 0 0 1 3 0 X 4
前半先発投手は抜群の立ち上がりを見せ、相手を抑え込む。中盤不用意な守備から先取点を許すも、すぐさま粘り強く攻めて追いつく。終盤相手投手の疲れに乗じて一気に突放す。いかなる展開になっても負けない強さを見せつけた一戦となった。

50. 【関東団地少年野球秋季大会 4回戦】  vs.鶴川イーグルスターズ (町田市)  

2010年9月20日(月・祝)  (山王塚公園G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 0 0 1 2 0 0 3
鶴川イーグルスターズ 0 0 0 0 0 0 0 0
なかなか相手投手を捉えきれない打線を尻目に、先発投手が粘り強くゲームを作る。中盤二死から先取点を上げると、ようやくらしさを発揮して更に追加点。最後まで相手打線に付け入る隙を与えず零封。こういう展開の試合も着実に拾えるようになったのは、力がついてきた証拠。更なる自信を持ってこれからの試合に臨んで欲しい。

49. 【関東団地少年野球秋季大会 3回戦】  vs.ブルーウィングス (町田市)  

2010年9月18日(土)  (滝が原運動場)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 1 3 0 0 0 0 2 6
ブルーウィングス 0 1 0 0 0 1 0 2
初回の先制に続き2回も二死から粘り強く攻撃し追加点。先発投手は課題を克服し、合格点の投球。守備における状況判断、打つための気持ちの運び方により磨きをかけていって欲しい。

48. 【連雀リーグ】  vs.三鷹タイガースA   

2010年9月12日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 3 5 0 0 0 0 8
三鷹タイガースA 0 1 0 0 0 3 4
攻めては打線が効果的に繋がり、得点を重ねる。投げては最終回のもたつきを除けば合格点の内容。各選手に残された課題を、来るべき集大成に向けて着実に克服して行って欲しい。

47. 練習試合  vs.調布メンパースA (調布市)  

2010年9月5日(日)  (調布七中G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 1 6 1 0 0 1 9
調布メンパースA 2 0 4 0 0 0 6
初回長打で先制するも、守備の乱れ等から逆転を許す。2回相手投手が制球に苦しむ所に付け込み小技をからめて再度逆転。中盤状況判断を誤るプレーから追撃されるが、2番手投手が勢いを止めて逃げ切り。いかなる状況におかれても、今日のような試合を続けて行ければ結果は自ずと付いて来る。

46. 【関東団地少年野球秋季大会 2回戦】  vs.小山ファイターズA (町田市)  

2010年9月4日(土)  (柳泉園グランドパーク)
チーム名 1 2 3 4 5 6
小山ファイターズA 1 0 0 0 3 0 4
いずみスワローズA 0 0 0 8 0 X 8
先制点を許した後の攻撃で、ミスを連発し好機を活かせない。中盤、膠着状態が続きいやな雰囲気になりかけるも、4回集中打を浴びせ一気に逆転。そのまますんなり勝利を我が物に出来ない所に不満は残るが、粘り強さが出て来たのは成長の証しか?

45. 練習試合  vs.エースハンターズA (武蔵野市)  

2010年8月28日(土)  
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
エースハンターズA 0 1 0 0 0 0 0 1
いずみスワローズA 0 0 0 0 1 0 0 1
初回守備でリズムを作る。不用意な失策で先制点を許すが、相手守備のスキに付け込み同点とする。その後はお互いに決め手を欠いて引き分け。好投手相手に食い下がる気迫が打線に見られたのは、大きな収穫となった。

44. 練習試合  vs.杉十ファイターズA (杉並区)  

2010年8月28日(土)  
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 1 0 0 0 1 0 2
杉十ファイターズA 0 0 0 1 0 0 0 1
先発投手は見事な投球で相手打線を完全に抑え込み、攻えめても少ない好機を着実にものにして1点差で逃げ切り。猛暑を乗り越え、成長の一端を垣間見せてくれた一戦となった。

43. 練習試合  vs.山中湖東小野球部 (山梨県南都留郡)  

2010年8月22日(日)  (山中湖東小G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 0 0 0 0 2 2 4
山中湖東小野球部 1 0 0 1 1 0 1 4
初回の好機をミスで逃すと、すぐさま先取点を献上してしまう。中盤追加点を与え劣勢で試合は進むも、追い込まれた状況から一気に逆転してみせる。最後は追いつかれ、引き分けに終わったが追い込まれた状況での強さを垣間見れた事は、秋に向けて大きな収穫となった。

42. 練習試合  vs.下石神井ライガースA (練馬区)  

2010年7月31日(土)  
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 0 1 0 0 2 2 5
下石神井ライガースA 1 3 0 0 1 0 5
前半は相手の強打の前に防戦一方の展開。終盤安打を連ねてじわじわと反撃し最終回に追いつく。裏の相手攻撃を凌ぎきり、引き分け。こうした試合展開で勝ちきれる粘り強さを、この夏、身につけて欲しい。

41. 練習試合  vs.成城ヤンガースA (世田谷区)  

2010年7月31日(土)  
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 1 2 1 2 0 6
成城ヤンガースA 1 0 0 2 0 3
細かいミスは散見されながらも、要所で適時打が出て得点を重ねる。先発投手は、課題を何とかクリアする内容で最小失点に抑え勝利。相手の隙にもっと貪欲に付け入るいやらしさをもっと見せてもらいたい。

40. 【三鷹防犯少年野球大会 決勝】  vs.連雀スパローズA   

2010年7月22日(木)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
連雀スパローズA 6 0 4 1 1 3 0 15
いずみスワローズA 0 0 1 0 0 1 1 3
防犯の決勝戦。立ち上がりに攻め込まれ、そのまま流れをつかめないまま敗戦。強豪チームとの「初回の攻防」で勝負が決してしまった感がある。

39. 【三鷹防犯少年野球大会 準決勝】  vs.連雀スパローズB   

2010年7月22日(木)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
連雀スパローズB 0 0 0 1 1
いずみスワローズA 2 3 0 0 5
防犯の準決勝。打撃もさほど悪くはなかったが、得点に結びつく安打が少なかった。決めるべき時に自分が決めるという心意気を持たなくては、更なる成長は無い。また、失点も緩慢なプレーをつかれたものだった。動きにもっとメリハリをつける努力を怠らないで欲しい。

38. 【三鷹防犯少年野球大会 3回戦】  vs.三鷹ゼファーA   

2010年7月21日(水)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
三鷹ゼファーA 0 0 0 0 0
いずみスワローズA 3 0 3 0 6

37. 【三鷹防犯少年野球大会 2回戦】  vs.新川リトルズA   

2010年7月21日(水)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5
新川リトルズA 2 0 0 0 1 3
いずみスワローズA 0 0 3 0 1X 4

36. 【三鷹防犯少年野球大会 1回戦】  vs.東台メッツA   

2010年7月21日(水)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
東台メッツA 1 0 0 0 1
いずみスワローズA 4 5 0 X 9

35. 練習試合  vs.二小ジャガーズ (武蔵野市)  

2010年7月18日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
二小ジャガーズ 0 0 4 2 0 4 10
いずみスワローズA 6 0 1 2 0 0 9
初回大量得点でリードを奪うが、ピンチにつまらないミスをして逆転を許しそのまま敗戦。最後まで気を抜かずに勝ちたい気持ちを持って戦おう。

34. 【関東団地少年野球夏季大会 3回戦】  vs.金森アームズ (町田市)  

2010年7月11日(日)  (八王子大谷G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 0 0 0 0 3 0 3
金森アームズ 2 0 2 0 2 X 6
春の関団連王者にチャレンジャーとして挑んだ一戦。初回二死から不用意な投球で長打を浴び2点を許す。中盤失策から追加点を許し、一方的な展開になりかけるも連打と小技で作った好機に長打が飛び出し1点差に。しかし続く同点機にあと一本が出ず、その裏再び失策から突放されての敗戦。相手選手との一球にかける姿勢の違いをどこまで感じられたか?成長出来るか否かは、そうした意識にかかっている。

33. 【連雀リーグ】  vs.ジュニアドラゴンズA   

2010年7月4日(日)  (三中G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 3 3 0 0 1 2 1 10
ジュニアドラゴンズA 0 0 0 0 0 0 0 0
登板した3投手は持ち味を十二分に発揮し、完封リレー。打線は小技に課題は残したものの、思い切りの良いスイングで得点を重ねた。いかなる相手に対しても、常に同じ気持ちで臨める意志の強さを身につけることが、何よりもの課題か?

32. 【関東団地少年野球夏季大会 2回戦】  vs.東京コメッツ (稲城市)  

2010年7月3日(土)  (多摩川緑地G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 2 3 8 9 1 23
東京コメッツ 0 3 0 0 0 3
打線が初回から火を噴き、毎回得点を挙げ快勝。ただし自陣のミスに始まり、相手の揺さぶりにうまく乗せられ失点を重ねた点は、決して納得の出来るものではない。細かなところでミスを積み重ねないために、練習の時からより一層集中力を高める事を意識して欲しい。

31. 【多摩学童春季大会 準決勝】  vs.連雀スパローズA   

2010年6月27日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
連雀スパローズA 2 0 0 0 0 0 0 2
いずみスワローズA 0 0 0 1 0 0 0 1
初回の攻防が明暗を分けた。好機に中軸がなすべき仕事をしたチームが笑い、何も出来なかったチームが泣く事になった。この1点という大きな差を埋めるため、まだまだ成すべき事が山積しているのを痛感させられた一戦となった。

30. 練習試合  vs.荻窪ビクトリーA (杉並区)  

2010年6月20日(日)  
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
荻窪ビクトリーA 1 0 0 0 0 5 2 8
いずみスワローズA 0 3 2 0 0 0 0 5
先週に引き続き、市外チームを迎えての練習試合。要所にいい場面は何度かあったが、嫌な流れを止めることができずに敗戦。流れを変えるための、ひとつのプレーやひとつの仕草があることを忘れずに、チームプレーに磨きをかけてもらいたい。

29. 練習試合  vs.給田少年野球A (世田谷区)  

2010年6月13日(日)  
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 1 4 1 1 0 0 0 7
給田少年野球A 0 0 0 0 0 4 0 4
市外チームを迎えての練習試合。様々な選手が新しいポジションにチャレンジした試合。いつもと違う景色でいつもと違う判断と動きに戸惑いが多々見受けられた。今後9人それぞれのポジションに対する理解を深め、チームワークのレベルをもう一歩上げていってもらいたい。

28. 【三鷹市夏季大会 3回戦】  vs.新川リトルズA   

2010年5月30日(日)  (北野G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 1 0 0 1 1 0 3
新川リトルズA 4 0 2 0 0 X 6
初回一気に試合を決められる絶好機に、主軸があえなく凡退し1点に終わる。その裏ひとつの失策をきっかけに先発投手が崩れ、一挙4点を献上。中盤さらに大事なところで守備の乱れが生じ、追加点を許す。終盤長打で追い上げるも及ばず敗戦。大切な場面で、細かいプレーを確実にこなすことがいかに重要か再認識して欲しい。

27. 【三鷹市夏季大会 2回戦】  vs.高山ファイターズA   

2010年5月16日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 0 3 0 4 6 13
高山ファイターズA 0 0 0 0 0 0
夏季大会初戦の緊張からか、初回考えられないミスで無得点に終わる。2回以降もバント失敗等苦しみながら、要所では効果的な適時打が飛び出し得点を重ねる。先発投手は速球で押すピッチングで、相手を寄せ付けず快勝。覇権奪取に向けてまずは順調なスタートとなった。

26. 練習試合  vs.エースハンターズ (武蔵野市)  

2010年5月9日(日)  (武蔵野中央公園グリーンパークG)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 5 0 4 2 0 0 11
エースハンターズ 0 0 1 1 5 0 0 7
前半から打線が爆発。連打に小技もからめ大きくリードを保つ。中盤追い上げを受け、守備から流れを止められないという課題は残ったものの最後まで大きく崩れることなく、逃げ切りに成功。上部大会進出を決めているチームと互角に戦えた事を大きな自信として、来る夏季大会に臨んで欲しい。

25. 練習試合  vs.山中ビーバーズ (品川区)  

2010年5月5日(水・祝)  (宇奈根第1G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 2 2 0 0 1 1 2 8
山中ビーバーズ 0 8 1 0 1 0 X 10
序盤得点を重ねるが、2回連打を浴びて逆転を許す。その後じりじりと追いすがり接戦に持ち込むが、最後の詰めが甘く敗戦。苦しい展開の時こそチームを奮い立たせるリーダーが出て来てほしいし、その苦境を乗り越える精神力を各選手も身につけて欲しい。

24. 練習試合  vs.旗の台ワールド (品川区)  

2010年5月5日(水・祝)  (宇奈根第2G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
旗の台ワールド 1 1 0 1 0 0 0 3
いずみスワローズA 2 0 0 1 0 2 X 5
初回先制を許すも、すぐさま反撃し逆転。2回守備の乱れから同点とされ、追いつ追われつの展開に。終盤長打で突放し逃げ切った。ここぞという場面で一本安打が出る兆しが見えたのは、大きな収穫。

23. 【多摩学童春季大会 4回戦】  vs.西東京ツインズ (西東京市)  

2010年4月29日(木・祝)  
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 0 2 3 2 2 9
西東京ツインズ 1 0 2 0 1 4
初回の大きなチャンスを逃すと、その裏すぐさま先制を許す。しかし小技を駆使して逆転すると、その後も着実に得点を重ねて押し切る。この日のような野球が出来るチームであることを自覚し、GWの練習で更に高める努力をして欲しい。

22. 【連雀リーグ】  vs.少年マリナーズA   

2010年4月25日(日)  (三小G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
少年マリナーズA 0 0 0 0 0 0 0 0
いずみスワローズA 3 4 1 0 0 0 X 8
課題を与えて臨んだ一戦。いつもと違う展開に戸惑いながら、最低限の結果は出せた。久々の登板となった先発投手もほぼ完璧な投球。収穫ある試合となった。

21. 【多摩学童春季大会 3回戦】  vs.少年タイガース (武蔵野市)  

2010年4月24日(土)  
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 2 0 0 1 0 0 3
少年タイガース 0 0 0 1 0 0 1
常に課題とされてきた初回の攻防。ここで先制適時打が飛び出し、先発投手がすんなり乗り切りリズムが出来た。息詰まる展開の中でミスはいくつか出しながら、最終回のピンチも落着いて乗り切った。これだけしびれる試合を乗り越える力があるという現実を、更なる自信として欲しい。

20. 【三鷹市春季大会 三位決定戦】  vs.三鷹ゼファーA   

2010年4月18日(日)  (北野G)
チーム名 1 2 3 4 5 PO
三鷹ゼファーA 1 0 1 0 2 0 4
いずみスワローズA 2 0 0 1 1 1X 5
立ち上がり相手チームの走塁に浮き足立ち、ミスを重ねるが最小失点で凌ぐ。すぐさま制球に苦しむ相手投手から小技を駆使して逆転。終盤四球をきっかけに、決定的な得点を許し窮地に陥るが、失策にも助けられ追いつきプレーオフに突入。相手の攻撃を無得点に封じると、最後の攻撃は先頭打者の投前ゴロが相手投手の野選を誘いサヨナラ勝ち。この試合で見せた勝ちにこだわる姿勢を、これからも貪欲に追い求めて欲しい。

19. 【三鷹市春季大会 準決勝】  vs.野崎シャークスA   

2010年4月11日(日)  (北野G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 0 0 1 0 0 1 2
野崎シャークスA 2 0 0 0 0 0 1X 3
投手は課題の立ち上がりを克服出来ず、攻撃も最後までかみ合わないままに終わる。決勝点を与えたシーンは、今のチームを象徴するかのようだった。何を目指しているのか?どうなりたいのか?この敗戦から何かを掴めるかに、チームの浮沈はかかっている。

18. 【三鷹市春季大会 3回戦】  vs.三鷹タイガースA   

2010年4月4日(日)  (北野G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 0 2 0 2 6 10
三鷹タイガースA 0 0 0 2 0 2
打線は今までにない繋がりを見せたが、まだまだ目覚めるのが遅い。先制攻撃で、相手の士気を一気に奪い去っていく勢いを見せて欲しい。

17. 【多摩学童春季大会 2回戦】  vs.住吉シャークスA (西東京市)  

2010年4月3日(土)  (住吉小G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 2 0 0 0 1 1 4
住吉シャークスA 1 0 0 0 0 0 0 1
前半で引き離して一気に押し切らなければいけない試合。要所で簡単にフライばかり打ち上げているようでは、これから先に対する強豪には全く太刀打ち出来ない。まだまだ「工夫」が足りないことを自覚せよ。

16. 【三鷹市春季大会 2回戦】  vs.蜂の子ブレーブスA   

2010年3月28日(日)  (北野G)
チーム名 1 2 3 4
蜂の子ブレーブスA 1 0 0 1 2
いずみスワローズA 2 12 0 X 14
前日からの敗戦を引きずっているのか、気持ちが守りに入り全く思い切りが良くない立ち上がりを見せる。四球や相手のミスからしか得点出来ない状態が続きかけるが、2回ようやく何人かの選手が吹っ切れたような打球を見せて大量点をあげ快勝。この二日間感じた気持ちを、次週どういう姿で見せてくれるか?期待して待ちたい。

15. 【関東団地少年野球春季大会 3回戦】  vs.三鷹ゼファーA   

2010年3月28日(日)  
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
三鷹ゼファーA 0 0 0 1 0 0 0 1
いずみスワローズA 1 0 0 0 0 0 0 1
先発投手は責任を立派に果たす力投。最小失点に抑えるが、攻撃陣はコーナーを投げ分ける投球にかわされ、最後まで捉えられず。野球で負けることの出来なかった悔しさをどう昇華するか?今後の成長はそこにかかっている。(抽選 4-5 で敗戦)

14. 【井端弘和杯 1回戦】  vs.小田三丁目野球部 (川崎区)  

2010年3月27日(土)  (池上新田球場)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 1 0 0 0 1 0 2
小田三丁目野球部 0 1 0 0 0 2 X 3
序盤一気に引き離せる好機をみすみす逃し、すぐに長打で追いつかれてしまう。後半適時打が飛び出しリードをするが、最後は走者をため再び長打を浴び逆転負け。練習のための練習ではなく、常に実戦を意識した練習なくしてレベルアップは望めないことを痛感して欲しい。

13. 【関東団地少年野球春季大会 2回戦】  vs.多摩諏訪インディアンス (多摩市)  

2010年3月22日(月・祝)  (滝が原運動場)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 0 1 1 2 0 4
多摩諏訪インディアンス 0 0 0 0 0 0
少ない好機をひとつひとつ、粘り強く得点を重ねた。先発投手は思い切りの良い投球を見せ、相手打線を押さえ込み完封。チームとして大きく機能し始めたことを感じさせる一戦となった。

12. 【三鷹市春季大会 1回戦】  vs.ジュニアドラゴンズA   

2010年3月21日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3
いずみスワローズA 10 5 3 18
ジュニアドラゴンズA 0 3 0 3
主軸にここぞという場面で効果的な安打が出て、大量点を上げて快勝。先発投手は何が欠けていたのか自ら考え、次戦に確実に活かして欲しい。

11. 練習試合  vs.馬橋小少年野球部 (杉並区)  

2010年3月13日(土)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
馬橋小少年野球部 4 1 0 4 0 0 9
いずみスワローズA 1 0 0 1 0 0 2
先発投手がリズムを作れず初回から4点献上。ちぐはぐな攻撃は残塁を増やすばかり。二番手投手も拙守からこらえきれず追加点を許す。攻め手を欠くままにずるずると回を重ね、そのまま敗戦。相手攻撃陣との意識の差を肌で感じ、もっと工夫を重ねて欲しい。

10. 練習試合  vs.小金井緑小ユニオンズA (小金井市)  

2010年2月21日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5 6
いずみスワローズA 0 0 0 1 0 0 1
小金井緑小ユニオンズA 2 0 0 0 0 X 2
初回先発投手の制球難と守備の乱れから先制を許す。中盤1点を返すものの最後まであと1点が遠かった。攻撃力アップ無くして勝利の女神は微笑まない。日々の地道な努力をより一層積み重ねて欲しい。

9. 練習試合  vs.松中小ファイターズA (立川市)  

2010年2月14日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
松中小ファイターズA 0 1 4 3 0 0 0 8
いずみスワローズA 0 0 4 1 0 1 0 6
先発投手の乱調から5点のリードを許す展開となるが、序盤で4点を返し逆転へムードが盛り上がるが、四死球をきっかけに引き離される。終盤見せ場は作ったものの一歩及ばず。ここぞという場面での一球へのこだわりを持つことなくして、僅差の勝利を拾っていくことは出来ない。

8. 練習試合  vs.エースハンターズA (武蔵野市)  

2010年2月14日(日)  (関前南小G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
いずみスワローズA 0 0 0 0 0 1 0 1
エースハンターズA 0 0 2 1 0 0 X 3
前半は白熱の投手戦。中盤長打で先制を許し、更に追加点を献上。終盤見せ場を作ったがあと一本が出ず敗戦。今日のような試合展開においても、相手の隙をつくぬけめのなさで窮地を打開出来るチームとなって欲しい。

7. 練習試合  vs.関町タイガースA (練馬区)  

2010年2月7日(日)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4
いずみスワローズA 0 1 6 0 7
関町タイガースA 0 0 0 0 0
先発投手が落着いたピッチングを見せると、1 2回と攻めあぐねた打線も1本の長打をきっかけとして一挙に繋がり、大量点を上げ快勝。ようやく見えてきたチームとしての「姿」を更に深めていって欲しい。

6. 練習試合  vs.調布メンパースA (調布市)  

2010年1月31日(日)  (調布河川敷G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
調布メンパースA 0 0 0 0 1 0 3 4
いずみスワローズA 0 1 6 2 0 7 X 16
先発投手が責任回数をきっちりと投げ抜けば、エンジンのかかりが遅かった打線も徐々に全開に。ここぞという場面での集中打、好走塁は次戦に向けて更なる期待を持たせる内容だった。

5. 練習試合  vs.府ロク野球部A (府中市)  

2010年1月30日(土)  (府中の森G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 3 3 1 2 0 9
府ロク野球部A 0 0 1 6 0 7
相手先発投手の制球難につけこみ先制すると、適時打も随所に放ち得点を重ねる。終盤浮き足だつ場面も見られるも、最後はきっちり締めて逃げ切り。相手チームから 学ぶべき点も多く見られ、実り多い一戦となった。

4. 練習試合  vs.杉十ファイターズA (杉並区)  

2010年1月24日(日)  
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
杉十ファイターズA 0 2 2 0 0 2 0 6
いずみスワローズA 0 0 0 0 0 0 0 0
課題の立ち上がりをすんなり乗り切ったものの、2回連打を浴びて先制を許すと、要所でムダな得点を与えてしまう。打線も最後まで空回りを重ね、好機さえ作れずに終わる。各選手がもっと真剣に、今何をすべきかを考えずしてチームとしての前進はありえない事を痛感して欲しい。

3. 練習試合  vs.小金井三小メッツA (小金井市)  

2010年1月17日(日)  (小金井三小G)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
小金井三小メッツA 0 1 0 0 2 0 2 5
いずみスワローズA 0 0 1 1 0 0 0 2
先発投手は粘り強く責任回数を投げきるが、守っては集中力を欠いたプレー・思い切りの悪いプレーを連発。攻めても自分本位のスイングに終始しての敗戦。数多くの失敗の中から、何を掴みどう活かして次戦で修正して行けるか。各選手が、更に視野の広いプレーを身につけていけることを期待したい。

2. 練習試合  vs.高山ファイターズA   

2010年1月11日(月・祝)  (井口G)
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 0 9 0 2 3X 14
高山ファイターズA 0 0 0 0 0
いくつかの課題を持って臨んだ一戦。数多くの失敗も見られたものの、次に繋がる光明も多く射し込んだ。今日の失敗を明日への糧にし、チーム力を高めて行って欲しい。

1. 練習試合  vs.境南ブレーブス (武蔵野市)  

2009年11月29日(日)  
チーム名 1 2 3 4 5
いずみスワローズA 4 1 3 0 0 8
境南ブレーブスA 0 0 0 0 1 1
新チームとして臨んだ初戦。先発投手が内容ある投球を見せ、打線も塁上を賑わし得点を重ねた。強豪相手に臆することなく立ち向かえた点で、実り多い一戦となった。